食育 離乳食

離乳食期に食育を始める方法

幼児とは、満1歳から就学児までをさし、食育は、その幼児期に始めるのが良いようですが、最近では、離乳食期に食育を開始する方も多いようです。

ここでは、離乳食期位始める食育についてご紹介します。


生後5〜6ヶ月ごろになると、離乳食が始まり、月齢が進むにつれて、食べ物の種類を多くしていったり、硬さも変わっていきます。

離乳食は、母乳やミルクで補えなくなった栄養を補うためや、食べ物に少しづつ慣れるためだけでなく、1歳以降に普通食を食べられるようになるための準備期間でもあります。
そのため、少しづついろんな食べ物を与える必要があり、食べさせやすいからと言って、いつまでも柔らかいものや同じ食材のものを与えていると、それが好き嫌いの原因になってしまうことがあります。

同じ子供でも、子供によって離乳食にも好みがあります。

例えば、うちの子の場合、長女は全くいも類やかぼちゃなどは食べず、豆腐や玉ねぎが大好きでしたが、末っ子は、なんでも食べます。
これは、私が、離乳食でなんどかいも類などを与えたが、食べなかったので、自然と与えなくなり、今でも嫌いなものの一つになっています。

しかし、末っ子は、上の子の離乳食の経験を踏まえ、食べようが食べまいが何でも与えた結果、なんでも嫌がらずに食べるようになっています。

このことから、離乳食では、子供が嫌がったり、舌で押し出したりしても、いろいろな味付けにして根気よく食べさせることが大切であり、できるだけたくさんの種類の食材を使って用意することによって、好き嫌いをなくし、食育の第一歩だと考えます。


幼児期の食育を少しでもスムーズに行うために、離乳食でも食育を取り入れ、少しづつ食育を実践していきましょう。

幼児の食育関連情報