食育 野菜

子供と野菜を育てる「食育」は野菜の好き嫌いをなくします

幼児の食育とは、幼児期から「食」について考える習慣を身につけるために、「食」の安全性や、選び方、組み合わせなどを子供たちに教えるものです。

食育を行う上で欠かせない食材の一つが野菜です。

この野菜を、子供と一緒に育ててみませんか?


食育を学ぶ上で、有効な方法の一つが、子供と一緒に野菜を育てることです。

種をまいて、水をやり、肥料をやるなどの手間をかけて育てた野菜に、子供達は愛着を感じ、とても大事にするようです。
どのように育ち、どれほどの時間をかけて大きくなるのかを身を持って体験できるので、野菜に興味を持つきっかけになります。

うちの子供も学校で大嫌いなピーマンやラディッシュなどを育て、持って帰ってくることがありますが、嫌いであるにも関わらず、「これで料理作ってね」と言っては、出来上がった料理を必ず食べます。
自分が育てた野菜は、なぜかおいしいと感じるようです。

食育の目的が、「食」に興味を持つことであり、野菜を育てることによって、その食材の育て方や安全性などが学べ、嫌いな野菜にも興味を持つことができるので、結果として好き嫌いを改善するきっかけになるのです。


いろいろな種類がある野菜ですが、どの子にも一つは苦手な野菜があるものです。
見た目がだめだったり、匂いがだめだったり、食感、味など、その子によって苦手と感じる要素は様々ですが、食べ物に困っていない現代では、我慢してまで食べようとする子供はほとんどいません。

また、親の方も、この野菜が苦手なら、別のものを食べさせたら良いとすることが多く、いつまでたっても好き嫌いがなくならなかったり、嫌いなものは残すということになってしまいます。

それらを改善しようというのが、食育なのです。

野菜を育てることによって、好き嫌いを改善し、いろいろな野菜に興味を持つきっかけにしてはいかがでしょうか。

幼児の食育関連情報