食育 レシピ 野菜

野菜の好き嫌いを減らす、幼児の食育レシピ

食育に欠かせないのが、野菜です。

野菜を積極的に摂ることは、食育の大きな目的な一つです。
ここでは、少しでも野菜嫌いを克服し、嫌いな野菜を減らすためのヒントをご紹介します。


野菜を積極的に食事に取り入れることは、食育の第一歩です。
食育の基本の献立に、「一汁一菜」とあるように、毎日の献立に野菜は欠かせません。

一言で野菜といっても、様々な種類があり、調理法も様々です。
生野菜が嫌いな子もいるし、煮ものが嫌いな子、酢のものが嫌いな子など、調理法次第で、好きにも嫌いにもなるのが、野菜です。

例えば、野菜だけ炒めても食べないけど、少しお肉を入れるだけで、一緒にたくさん食べることもあります。
ほんの少しの工夫で、野菜を食べさせることができるので、野菜嫌いのお子さんをお持ちの方は、様々な調理法を試してみて下さい。

私のおすすめの野菜を使った献立は、野菜の重ね煮です。

使う野菜は、白菜やキャベツです。
白菜が苦手な子供って意外と多いと思いますが、重ね煮にするともりもり食べてくれると思います。
作り方は、鍋いっぱいに白菜やキャベツを重ねて入れ、ひき肉を間に入れて煮込むだけです。
コンソメスープのものと使って、ロールキャベツ風にしてもいいですし、煮もの風の甘めの味にしてもおいしいですよ。
クリームシチューの素を使ってもおいしいと思います。

また、お肉の代わりにシーチキンを使うのもおすすめです。

白菜を使う場合は、白菜から水分がたくさんでるので、水は控えめにするのがポイントです。

好き嫌いをなくすことや、旬の野菜を食べることも食育の一つなので、積極的に野菜を取り入れた献立を心がけましょう。

幼児の食育関連情報