食育 レシピ 肉

お肉ばかりを食べ過ぎない、肉料理の食育レシピ

食育に基づいた幼児におすすめのお肉を使った献立をご紹介します。


牛肉や豚肉、鳥肉などの肉類を使った料理は、子供は大好きですよね。
大好きだからこそ、食べすぎには注意したいものです。

肉類は、私たちの体を作る上で、欠かせない栄養をたっぷり含んでいますが、カロリーや脂肪分もたっぷり含んでおり、食べすぎに気をつけなければなりません。

幼児の肥満が増えているのも、これが原因の一つです。

好きだからと言って、おいしそうに食べるからと言って、小さいうちから与え過ぎると、肥満になるだけでなく、健康を害することにもなります。
適量を守って、いろいろな調理法で食べさせるようにしましょう。

私のおすすめのお肉を使った献立が、タジン鍋をつかったものです。

タジン鍋は、様々な食材を簡単に蒸し料理にすることができ、油を使わず調理できるので、非常にヘルシーで、素材そのもののおいしさを味わうことができます。

そのタジン鍋を使って、牛肉とたっぷりの野菜を蒸して、焼肉風というのはいかがでしょうか?

普通焼き肉は、鉄板などの上で、肉を焼いて、油がたっぷりというイメージがありますが、タジン鍋を使うと、さっぱりと食べることができます。

作り方は、とっても簡単です。
タジン鍋に、牛肉ともやし、キャベツ、ニンジンなど、好みの野菜をたっぷり入れて、火にかけるだけです。
それを好みのたれで食べるだけです。

焼肉のたれでもいいですし、ポン酢やめんつゆでもおいしいと思います。
油は一切使っていませんし、余分な油は落ちるので、とってもヘルシーだし、野菜をたっぷり食べることができるので、おすすめです。

ぜひ一度お試しください。

幼児の食育関連情報