食育 幼児 肥満

幼児の肥満を予防・改善するなら食育が効果的です

食育で幼児の肥満を予防・改善しませんか?


幼児の肥満が増加傾向にあることをご存知ですか?

偏った食生活や、ハンバーガーなどのファーストフードを小さい頃から食べることが、肥満の原因になっています。

また、好き嫌いや、過食、運動不足や、おやつをたくさん食べる子供が増えたことも、肥満の原因になっており、これらを改善しようというのが、食育の目的です。

食育で、食の大切さやありがたさ、作ってくれた方に対する感謝など、食に興味・関心を持つことによって、好き嫌いを改善し、バランスのよい食生活を送ることができます。

幼児の肥満は、見た目はもちろん、健康に良いはずがありません。
血液の病気をはじめ、様々な病気を引き起こしてしまうので、予防・改善する必要があります。


食育を学び、実践することは、幼児の好き嫌いをなくしたり、乱れた食生活を改善することにつながります。
食の大切さを幼児に教えることによって、乱れた食生活から幼児を守り、肥満を予防・改善する子ができるのです。

また、食育の一つに、手作りの良さがあります。
母親の手作りの味を、できるだけ食べさせることの大切さや、食材そのものの味を知ることができ、栄養面のバランスをとり、量を加減したり、糖分や塩分の量を調節することもでき、結果として、肥満を予防・改善するのです。


食育を実践することは、様々な病気を予防・改善するだけでなく、幼児の肥満も予防・改善できるので、健康な体作りのためにも、子供と一緒い楽しく食育を行ってください。

幼児の食育関連情報