食育 幼児 アレルギー

幼児のアレルギー予防に有効な食育とは

食育と幼児のアレルギーについてご紹介します。


昔は少なかったとされる食物アレルギーですが、なぜ、最近これほど幼児の食物アレルギーが多くなってきているのでしょうか?

食物アレルギーの原因として考えられるのが、加工食品に含まれている添加物です。
昔と比べて、手作りをする頻度が減り、冷凍食品や加工食品を多様する頻度が多くなったことによって、それらに含まれる添加物を多量に摂取することがアレルギーを引き起こしているのです。

また、野菜などに踏まれる残留農薬も、その原因のひとつであるとされており、安全に食べ物を食べることができなくなっていることによって、食物アレルギーを引き起こしていると言えるのではないでしょうか。

この食の安全性を考えることこそ、食育です。
つまり、食育を学び、実践することによって、食物アレルギーを予防することが可能であり、すでに発症している場合でも、症状を軽減することも可能です。

子供の食物アレルギーを予防するためにも、食育は有効なのです。


また、アレルギーには、食物アレルギーの他に、花粉症やハウスダストなどもありますが、これも食育によって予防することができます。

花粉症などのアレルギーは、免疫力の低下によって引き起こされることが多く、日頃から免疫力をアップする食材を積極的に摂ることによって、予防したり、症状を軽減することが可能です。

例えば、ヨーグルトは、免疫力をアップし、花粉症の症状を軽減する効果があるとされており、花粉が飛び始める前から食べることによって、効果を発揮します。

この、食材の栄養や体に与える作用などを学ぶことも食育の一つであり、日常生活に取り入れることによって、アレルギー症状を予防・改善することができるのです。


子供の健康を守るために、食育を行い、幼児期から実践することをおすすめします。

幼児の食育関連情報