食育 幼児 アトピー性皮膚炎

幼児のアトピー性皮膚炎の原因と、食育の関係

食育の目的に、食生活の乱れから子供たちを守るということがあります。

食生活の乱れが原因で、様々な病気を引き起こすとされています。
その一つが、幼児のアトピー性皮膚炎です。

ここでは、食育と幼児のアトピー性皮膚炎についてお話させていただきたいと思います。


いまなぜ、食育の必要性が叫ばれているかというと、食生活の乱れによって、様々な病気を引き起こすからなのです。
その一つに、アトピー性皮膚炎があります。

アトピー性皮膚炎には、生まれてすぐ症状が出る場合や、幼児期に出る場合、ある程度成長してから出る場合など、人によって様々ですが、少なからず食生活が影響しているようです。

コンビニの普及で、24時間いつでも食べ物を買うことができますし、好きなものを好きなだけ食べることができます。

一見便利な世の中になったと思われるかもしれませんが、これによって、食事時間が不規則になり、家族みんなで食事をとらなくなったり、偏った食生活になってしまいます。
この乱れた食生活が、アトピー性皮膚炎の原因になることがあるのです。


また、昔は、子供と言えば、外で暗くなるまで遊び、お腹を空かせて帰ってきたものですが、最近の子供は、テレビゲームや携帯ゲーム機で遊ぶことが多くなり、体を動かさないので、ひ弱な体質になることにより、免疫力が低下し、外部の刺激を受けやすくなってしまいます。

外部の刺激を受けやすいと、肌が敏感に反応して、些細な刺激でもアレルギー症状を引き起こしてしまうことがあり、アトピー性皮膚炎をも引き起こしてしまいます。


バランスのとれた食生活は、健康な体作りの基本です。
アトピー性皮膚炎を予防するためにも、食育で、食べ物の大切さや栄養などを学び、実践しましょう。

幼児の食育関連情報